Alpine Gear / Parts on line shop
ホームDailyNIKWAX Loft テックウォッシュ 300ml 【スキー&スノーボードウエア・レインウエア・フリース用洗剤】
商品詳細

NIKWAX Loft テックウォッシュ 300ml 【スキー&スノーボードウエア・レインウエア・フリース用洗剤】

販売価格: 1,200円 (税別)
数量:
意外と簡単!!自分でウエアを洗って撥水性 回復!!

1ボトル(300ml)で、3〜4着 洗えます!!

◆ 防水・撥水布地専用 洗剤
◆ 容量=300ミリリットル
◆ スキー&スノーボードウエア、レインウエアー、ジャケット、フリース用


アウトドアウエアは意外に汚れています。汗や体脂、埃や泥などが付着したウエアは撥水性が著しく低下しています。

撥水性が低下したウエアは通気を妨げ、内側に水分が結露し、結局その下に着ているインナーウエアを濡らしてしまいます。

通常ご家庭で使われている粉末や、液体の合成洗剤は汚れの成分は落とす事が出来ますが、良くすすいでも目に見えない洗剤成分が残ります。そのため、多くのアウトドアウエアに施されている耐久撥水加工(DWR)の効果を著しく低下させます。

NIKWAX Loftテックウォッシュは洗剤成分をウエアに残さない非合成洗剤です。ウエアの生地が元々持っていた撥水性能を蘇らせる効果もあります。またその成分も、自然界で分解されにくく川や海を汚染する 合成界面活性剤は使用していませんので安心してお使い下さい。


ゴアテックス®、エントラント®などの透湿防水ジャケットにも安心してお使い頂けます。

全自動洗濯機や手洗いでのご使用ができます。


■洗濯機による使用方法
先ず、ウエアが洗えるかを洗濯表示でご確認下さい。

1. ベルクロ、ジッパー、バックルなどを全て閉じます。
2. ウエアを洗濯槽に入れ下記の表を目安に本品を入れて下さい。
3. 標準レベルの洗濯・すすぎのタイマーをセットします。
4. ウエアの洗濯表示に従い乾燥機で乾燥させるか、自然乾燥して下さい。


■手洗いによる使用方法

1. 水にウエアを浸します。1着当たり18リッターを超えないようにします。
2. 1着につきキャップ2杯(100ml)のテックウォッシュを入れ全体的に洗います。
3. 時々かき混ぜながらさらに洗い15分間浸け置きます。
 洗濯水を捨て、水が濁らなくなるまで充分にすすいで下さい。
4. ウエアの洗濯表示に従い乾燥機に掛けるか、自然乾燥して下さい。

*汚れのひどい箇所には洗う前に、直接テックウォッシュを塗って下さい。

【注意事項】

※ ダウンウエアにはご使用頂けません。「EBE191ダウンウォッシュ」をご使用下さい。
※ 柔軟剤、漂白剤等は併用しないで下さい。撥水性能が低下します。
※ 沢山ご使用になる方には「EBE183 1リットルモデル」も用意しています。



【スタッフYanが考える成功のポイント!!】
洗濯機におまかせだとしっかり付いた 汗や皮脂汚れなどの黒ずみはちょっと心配です。
僕は、汚れのひどい部分に直接テックウォッシュをつけて、生地が傷まないように柔らかめの歯ブラシなどで予め洗い、残りの洗剤を入れて風呂の残り湯を使ってバスタブで、踏み踏み・ゴシゴシしながら洗います。

※このときお湯が熱すぎないようにすること。
※1着当たり18リッターを超えないように。

翌日のお風呂タイムまでつけ置きします。

ハンガー等にかけて、シャワーで洗剤分をしっかり落とします。


【洗濯機を使わないのは・・・】
スノーウエアのほとんどが、2レイヤー、3レイヤーとよばれる構造で、表面素材の裏側に高性能の透湿性のあるフィルムで覆われています。表からの雨・雪を通さずに、中からの湿気(汗)は外に出すようになっています。

ということは、普通のTシャツやトレーナーのように、洗濯機で洗っても水や洗剤が生地を行き来しないっていうことなので、充分な水量が無いと洗えないのではないかと思います。
ジャケット1着に対して、18リットル(一斗缶1つ分)ですからゴワゴワした素材のジャケットなら浴槽のほうが良いのかと・・・

それと、すすぎ&脱水もこの高機能の素材のせいで上手く出来ません。

しっかりと洗剤分をすすぐことに撥水効果の復活がかかっているので、この作業はハンガーがけしてシャワー攻撃が一番かと思います。


Facebookコメント

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス